カーライフサポートネット

ホームブレーキ装置基礎編



マスタパワーとは?


『運転手がブレーキを踏む力を助けている装置がある』


そうです!これがまさしく『マスタパワー』の役割なのです!!!

『真空制動倍力装置』(しんくうせいどうばいりょくそうち)

 通称 『マスタパワー』


マスタパワーマスタパワーの例


これはどの車にも付いています。

全然実感が無いと思いますが、無茶苦茶この装置の恩恵を受けています。

ちょっとまめ知識
⇒車業界ではブレーキのことを制動(せいどう)と呼びます。

ちなみにバイクにはこの装置が付いていません。

一体この装置は何者なのでしょうか!?


車の重さは通常1000キロ(1トン)を超えています。

さらにこの重量の物体が時速60キロとかで動いています。

考えてみたらものすごい力ですね。


これをいとも簡単に止めてしまうのですからブレーキってすごいですよね!
普通車であれば、裸足になって足の親指だけでブレーキを踏んでも止まります。


でも皆様、よ〜く考えてみてください。。。


親指1本で1000キロオーバーの物体を止めるなんてできますか???

走っている車を親指で止めようとしたら、きっと親指は陥没(カンボツ)してしまいますよ(笑)


つまりこういうことなのです。


『運転手がブレーキを踏む力を助けている装置がある』


そうです!これがまさしく『マスタパワー』の役割なのです!!!


実感なんて全くないですよね(笑)

私はこの装置の存在を知るまでは、車が簡単に止まるすごさに気付きませんでしたね。


どうやって補助しているのかをお話しすると、きっとこの先の文章を読みたく無くなってしまう
くらいの説明の量になりますのでそこは省略します!(基礎編ですから


そこで!


今回は皆様にマスタパワーの存在を簡単に実感していただける方法をお話しします!

次に車に乗るときに是非試してみてくださいね☆


【マスタパワーの機能点検】

1.まず、エンジンをかける前にブレーキを3,4回踏み込みます。

すると、どんどんブレーキペダルを踏み込める量が少なくなってきます。
なぜなら、マスタパワーの機能はエンジンを止めても2回ほどは効くように作られているからです。(安全の為)
つまりその余裕分が無くなってくると、マスタパワーの力を借りずにブレーキを踏んでいる状態、
つまりは人間の力のみでのブレーキ力という事です。
これだけでもマスタパワーのすごさがわかりますね☆


2.次にブレーキを踏み込んだままエンジンを始動しましょう。

するとエンジンが始動したとたん、踏み込んでいる足が前へと動きます!
つまり、マスタパワーの力が発揮されたという事です☆

◆人間のブレーキ力だけでどのくらい車を止めれるのか実感したい方用◆


1.まず周囲に車がいない事を確認してください。

2.次に下り坂の途中で走行中にニュートラルに入れてエンジンを停止します。
この時点でパワステも効かないのでハンドルは相当重たいです。ご注意ください。


3.車が止まらない程度に、マスタパワーの容量を使い切ります。(3・4回ブレーキを踏む)

4.ある程度の車速が出たら(下り坂の場合)ブレーキを踏んで停止してください。
やばいと思ったらエンジンを始動するか必死にブレーキを踏むと同時にサイドブレーキを思いきり引いてください。

※実験前に、やばい時の止まり方をしっかりとイメトレしておきましょう。


どうしてこのような知識が必要かというと、マスタパワーの存在を知らずに
事故を起こす方がたまにいらっしゃるからです…。


その状況の大半を占める条件をお話しします。


まずガソリンが著しく少ない場合、もしくは極度の金欠状態の時です。

そして一番多いのが長いくだり坂です。

ガソリンを少しでも使わないようにするために、運転手は下り坂に入ると同時にエンジンを停止します。
※実はエンジンを始動する為には大量のガソリンを使うので、この方法では節約になりません。ご注意を。


先程の実験でわかるように、2回ほどはまともにブレーキを踏む事ができます。

怖いのは3回目ですよね。。。

先程までは普通にブレーキを踏めた訳ですから、何の疑いも無く運転手はブレーキを踏みます。


すると…。


「うわ!止まらない!!!」


とパニックにおちいるのです(怖)

足が震えるくらいブレーキを踏み込みます。

さらにカーブがあったら最悪ですね。パワステが効いてないのでハンドルが重たいのです。


パニックにパニックが重なって…。


「ガシャ〜ン!」


マスタパワーの存在を知っていれば、すぐさまエンジンを始動するもしくはその状況を作らない
(2回以上ブレーキを踏まない)のですが、知らない方からすれば

「ブレーキが壊れて止まれなかった!」

となってしまうのです・゜゜・(>_<;)・゜゜・。



節約のつもりが思わぬ事故に…なんて事になったらしゃれにならないですよね。


節約術とは言いませんが、出費回避の知識の一つとして覚えておいてくださいね☆


バイクにはマスタパワーが付いていない大きな理由は車重が軽いという事です。

また、ブレーキレバーにはてこの原理をフルに活用しています。

もちろん車のブレーキペダルにもてこの原理を活用していますが、それだけではなかなか補えない
という事です。(車重が重い)


今回の実験は是非やってみてくださいね☆

走行中にエンジンを切る実験は自信がある方だけやってください(笑)

わかっていても「ドキッ!」としますので、イメトレを十分に行いましょう。

くれぐれも事故しないようにしてくださいね m(。_。;))m ペコペコ…



さて、マスタパワーの他にもブレーキを補助している物がありますね。
結構勘違いしている人が多いABSです。

多分8割以上の方がABSをまともに作動させる事はできないでしょう(笑)




当サイトは運営者のモチベーションのみで作られています。皆様のワンクリックで
モチベーションがググッと上がりますので、「なるほど!」や「役に立った!」と感じて
いただけたなら、モチベーションスイッチのクリックにご協力ください♪



NEXT⇒ABSへ




オイールは添加物ゼロで究極のエンジンオイルへと進化させてくれる夢のような商品です。

おかげ様でカーライフサポートネットは数百ページに渡る規模になりました v(≧∇≦)v
当ページ以外にも多数のコンテンツがございますので、是非とも下のサイト内検索で様々なページをご覧ください♪





関連リンク

メルマガ無料登録へ


ロケットパワーにんじん君ツインGT(長期返金保障付き!)

ロケットパワーにんじん君

オイール

タフマンK

脱★悪燃費走行★のススメ


参考書籍


自動車用語中辞典 普及版 

大車林 自動車情報事典


ホームブレーキ装置基礎編>マスタパワーとは?